経営企画におすすめの転職エージェント&転職サイト20選!比較ポイントや求められるスキルについても解説

経営企画におすすめの転職エージェント&転職サイト20選!比較ポイントや求められるスキルについても解説

企業の経営企画職は、企業の戦略的な計画立案や実行支援を担当する重要なポジションです。業務内容の難易度が高く、多様なスキルが求められるため、転職を実現するのは容易ではありません。そのため転職活動では転職エージェントを活用し、入念な準備をすることが大切です。

本記事では、経営企画の転職におすすめの転職エージェントを20社紹介するとともに、エージェントの比較ポイントや必要なスキルセット、転職活動のコツを解説します。

経営企画の転職相談(無料)


経営企画におすすめの転職エージェント厳選6社
転職エージェント名 概要
BEET-AGENT 経営企画をはじめとする管理部門に特化している転職エージェントだからこそ、経営企画の転職事情に詳しく、実績に基づいたノウハウで転職をサポート。年収500万円~1,500万円を狙える求人も保有。
MS Agent 上場企業との取引数が豊富。管理部門特化型転職エージェントの老舗。経営企画の求人も取り扱いあり。
アガルートキャリア 注目されているスタートアップ企業の求人も保有。経営企画専門のアドバイザーが在籍。
WARCエージェント 戦略コンサルやFAS経験の転職コンサルタントが転職をサポート。経営企画の転職もサポート。
SOICOエージェント 経営企画のハイクラス転職に力を入れている。経営企画のプロフェッショナルとして活躍したい人におすすめ。
管理部門キャリア 経営企画を含む、管理部門全体に特化した転職エージェント。管理部門の実務経験者からの満足度も高い

目次

経営企画の転職支援に強い転職エージェント6社

経営企画の転職では、経営企画をはじめとする管理部門のキャリア支援に強みがある転職エージェントを活用しましょう。多数の転職エージェントがある中でも、6社を厳選して紹介します。

BEET-AGENT

BEET-AGENTは、経営企画をはじめとする管理部門人材を専門に扱う転職エージェントです。
管理部門の働き方に精通したアドバイザーが転職活動の全行程を徹底サポートします。経験者のキャリアアップに実績があるので、ミドルクラスの人材におすすめです。
フルリモートや副業可などの条件の求人も取扱っているので、ワークライフバランスを重視した転職も実現しやすいでしょう。

公式サイト:https://beet-agent.com/

MS Agent

MS Agentは、管理部門と士業の転職に特化した転職エージェントです。上場企業との取引が豊富なので、上場企業の経営企画部門への転職を考えている方はチェックしましょう。実績が豊富な老舗エージェントのアドバイスを受けることで転職成功率が高まります。

公式サイト:https://www.jmsc.co.jp/

アガルートキャリア

アガルートキャリアは、職種別に特化した転職エージェントです。
経営企画専門のエージェントが転職市場の情報を提供しています。大手企業からスタートアップ企業まで幅広い求人があります。

公式サイト:https://agaroot-career.jp/corporateplanning/

WARCエージェント

WARCエージェントは、ベンチャー企業とIT企業の経営管理部門人材に強みをもつ転職エージェントです。
今後成長が見込まれるベンチャー・IT企業を厳選して紹介しています。

公式サイト:https://agent.warc.jp/corporate_planning

SOICOエージェント

SOICOエージェントは、管理部門のマネージャークラスや経営幹部などのハイクラス人材に特化した転職エージェントです。
ファイナンス領域に強いため、公認会計士やUSCPAなどの会計プロフェッショナル人材が経営企画へのキャリアチェンジを目指す場合におすすめします。

公式サイト:https://www.soico.jp/service/soico-agent_to-c/

管理部門キャリア

管理部門キャリアは、経営企画や人事、経理などの管理部門人材に特化した転職エージェントです。求職者の希望に徹底的に寄り添った親身なサポートを心掛けているため、転職にあたり疑問や不安が大きい方は相談してみましょう。

公式サイト:https://kanri-career.mediahouse.co.jp/
経営企画の転職相談(無料)

ハイクラスの経営企画人材に適した転職エージェント5社

管理職経験者や専門職などのハイクラス人材は、ハイクラスの転職に強みをもつ転職エージェントの活用を検討しましょう。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラス転職で実績が豊富なエージェントです。
業界・職種ごとに専門特化したコンサルタントの質が高いと定評があります。求職者の市場価値を正しく判断して最適な求人を紹介してもらえます。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

パソナキャリア

パソナキャリアは、ハイクラス転職に強みをもつエージェントです。とくに30歳~45歳のミドル人材の転職支援で実績があります。
年収800万円以上の求人を多く扱っているため、年収アップを目指す人材にもマッチします。

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

クライス&カンパニー

クライス&カンパニーは、ハイクラス人材と志の高い企業とを結びつける転職サービスです。紹介企業の約75%は企業の経営者や経営層とのダイレクトルートなので、一次選考の通過率が高いのが魅力です。

公式サイト:https://www.kandc.com/

ランスタッド

総合人材サービスのランスタッドでは、ハイクラス人材の転職支援にも力を入れています。なかでも管理部門の求人が豊富なので、経営企画を希望する方にマッチする企業との出会いに期待できます。

公式サイト:https://www.randstad.co.jp/tenshoku/

type転職エージェン(ハイクラス)

type転職エージェント(ハイクラス)は、ハイクラス人材専任のコンサルタントが転職をサポートしています。企業の経営層との交流による独自情報を多く保有しているため、転職活動に有益な情報を収集したい方はチェックしましょう。

公式サイト:https://type.career-agent.jp/service/middle/

経営企画の転職相談ならBEET

市場価値がわかるスカウト型転職サイト5社

スカウト型転職サイトに登録すると、レジュメを見た企業やエージェントからオファーが届きます。オファーの質や量から自身の市場価値がわかり、転職活動の方向性を決めるのに役立ちます。

BEET DIRECT

BEET DIRECTは、管理部門系職種に特化したダイレクトリクルーティングサービスです。管理部門を専門に扱うことで、管理部門人材を求める企業とのピンポイントの出会いを創出しています。BEET DIRECTだけが扱う独自求人があるのも魅力です。

公式サイト:https://beet-direct.com/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートが運営するダイレクトリクルーティングサービスです。経験や能力などを選ぶだけで、レジュメを作成できるため転職活動にかかる手間を大幅に削減できます。リクルートダイレクトスカウトが企業やエージェントに求職者をおすすめしてくれるので、興味にあったスカウトが届くでしょう。

公式サイト:https://directscout.recruit.co.jp/

ビズリーチ

ビズリーチは、即戦力のハイクラス人材が集まるスカウトサービスです。厳選された企業と直接やり取りできるため、転職活動が効率化します。ビズリーチの基準を満たした優秀なヘッドハンターに相談できるのも魅力です。

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

dodaX

dodaXは、ハイキャリアの転職を支援する転職サービスです。dodaXはヘッドハンターや企業からスカウトが届くほか、求人紹介サービスを使って企業に自ら応募することもできます。大手企業やメガベンチャーなどの優良求人が多数あります。

公式サイト:https://doda-x.jp/

SYNCA

SYNCAは、バックオフィスに特化した転職サイトです。積極的にサイトを利用することで企業との出会いが増えるため、スピーディに転職することもできます。アンケートに回答するだけで現在のスキルと市場価値がわかる市場価値診断も要チェックです。

公式サイト:https://candidate.synca.net/
経営企画の転職相談(無料)

幅広い経営企画求人を扱う総合型転職エージェント

さまざまな業界・職種の求人が集まる総合型の転職エージェントは、求人数の多さが魅力です。自分では想像できなかったキャリアが見つかる可能性があるので、選択肢を増やしたい場合は活用しましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、あらゆる業界・職種を扱う総合型の転職エージェントです。業界内でも圧倒的な求人保有件数を誇るため、さまざまな選択肢のなかから求人を探したい方は利用必須です。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

doda

dodaは、総合型転職エージェントのなかでもサポートの質に定評があるエージェントです。親身になって相談に乗ってくれるので転職の疑問や不安の解消につながります。求人数も非常に豊富です。

公式サイト:https://doda.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、利用者の満足度が高い総合型のエージェントです。とくに若手人材の転職支援で実績が高いため、20代・30代の方が経営企画を目指す場合におすすめします。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

LHH転職エージェント

LHH転職エージェントは、ハイキャリアの転職に強みをもつ総合型のエージェントです。業界・職種に対する専門性が高いので、経営企画の市場動向を踏まえたサポートに期待できます。利用者の3人に2人が転職後の年収アップを成功させているので、年収を上げたい方にもおすすめです。

公式サイト:https://jp.lhh.com/

経営企画に強い転職エージェントを選ぶ際の比較ポイント

経営企画への転職を実現するためには、適切な転職エージェントを選ぶことが成功の鍵となります。以下のポイントをもとに、エージェントを選ぶ際の参考にしてください。

経営企画を含む管理部門での実績

転職エージェントの選定において、まず確認すべきは管理部門人材の転職支援実績です。エージェントが過去にどれだけ多くの経営企画ポジションへの転職を成功させたか、どのような企業への転職を実現させたのかを確認しましょう。実績が豊富なエージェントは、企業とのパイプが太いかつ、経営企画の業務に精通しています。企業が求めるスキルや経験について、具体的なアドバイスを提供してくれるでしょう。

希望にマッチする求人の量

求人情報の質と量も、選定の際に欠かせないポイントです。
単に総求人数が多いだけではなく、自身の希望条件に合致する求人がどれだけあるかを確認しましょう。希望条件をしっかりとヒアリングし、それに合った求人を提案できるエージェントかどうかは、エージェントの力量を測る指標となります。

サポートの充実度と質

転職活動は情報収集や面接対策など、多くのステップを踏む必要があります。そこで、エージェントの転職サポートが充実しているかどうかも重要な比較ポイントです。
キャリアカウンセリングでは、キャリアの悩みや希望を深く理解し、適切なアドバイスをしてくれるかどうかを確認しましょう。面接対策や応募書類の添削サービスを提供しているか、転職後のフォローアップがあるかといった点も重要な要素です。

経営企画の転職相談(無料)

経営企画の転職で求められるスキルセット

経営企画の転職を成功させるためには、どのようなスキルが必要かを理解しておくことが重要です。

情報収集や分析スキル

経営企画の仕事では、経営に関する重要な意思決定を支えるためのデータや情報を集め、それを分析するスキルが不可欠です。
情報収集スキルとしては、市場動向や競合他社の情報、内部データなどの必要な情報を適切な方法で収集する能力が求められます。これには、データベースやインターネットの活用、社内外のネットワークからの情報収集が含まれます。
また、収集した情報をもとに問題点や課題を明確にし、解決策を発見するための分析力が必要です。統計解析やデータ分析ツールを使いこなし、数字の裏にある意味を読み解く能力が求められます。

プレゼンテーションや報告書の作成スキル

経営企画では、経営陣や他部署に対して提案や報告をおこなう機会が多く、これらを効果的に伝えるスキルが必要です。具体的には、わかりやすく、説得力のあるプレゼンテーションをおこなうためのスキルが求められます。これには資料作成やプレゼンテーションソフトの活用、話し方や視覚的効果の工夫などが含まれます。
また、経営陣に対する報告書や提案書を作成する際には、論理的で簡潔な文章を書くスキルが必要です。要点を明確にし、相手に理解しやすい形式で情報を提供することが求められます。

ビジネス視点での思考力

企業全体のビジョンや戦略を考慮しながら経営判断をおこなうための思考力も必要です。具体的には、長期的な視点で企業の方向性を考え、適切な戦略を立案する戦略的思考力が求められます。市場の環境や自社のビジネスモデル、強み・弱みを総合的に判断し、最適な戦略を描く能力が必要です。
経営上の課題や問題に対して、迅速かつ的確に解決策を見つける問題解決能力も求められます。論理的思考やクリティカルシンキング(批判的思考)を駆使して、問題の本質を捉えることが必要です。

マーケティングスキルや会計知識

経営企画の業務では、マーケティングや会計に関する知識も欠かせません。マーケティングスキルは、市場分析や消費者動向の把握、マーケティング戦略の立案などに関するスキルです。マーケティングスキルがあることで、市場での競争力を高める施策を提案できます。
また、財務諸表の読み方や予算管理、コスト分析といった基本的な会計知識も必要です。経営資源を効果的に活用し、経営判断の根拠となるデータを提供できます。

コミュニケーションスキル

経営企画の仕事では、多くの人々と関わりながらプロジェクトを推進するため、優れたコミュニケーションスキルが必要です。具体的には、社内外の関係者と円滑にコミュニケーションを取り、協力関係を築く能力が求められます。信頼関係を構築し、効果的に意見交換をおこなうことが必要です。
また、プロジェクトの進行や戦略の実行に際して異なる意見や利害を調整し、合意を形成するための交渉力も必要です。柔軟かつ確実に意見をまとめる能力が求められます。
経営企画の転職相談(無料)

経営企画での転職を成功させるポイントは?

経営企画は企業の将来を左右する重要な役割を担うことから、転職を成功させるには戦略的なアプローチが求められます。ここでは、転職を成功させるために重要なポイントを解説します。

経験を活かせる業界を選ぶ

応募先の業界を選定する際には、自分がこれまで培ってきた経験が活かせる業界を選びましょう。業界特有の規制やルール、課題などを知ったうえで実務にあたれるため、即戦力として活躍できます。企業側も業界経験者を歓迎するため採用される可能性が高まります。

情報収集を徹底する

経営企画への転職では、応募先企業について徹底的に情報収集することが成功の鍵となります。経営方針や財務状況、競合他社との比較など、詳細な情報を収集しましょう。企業の強みや課題を理解することで、自分の経験やスキルを活かせる環境かどうかを判断しやすくなります。
また、企業研究を徹底することで面接での発言がより具体的かつ的確になり、採用担当者に強く印象づけることができます。

スキルや経験は具体例を使って示す

面接や応募書類では、自分のスキルや経験を明確に示すことが重要です。分析力や戦略立案といった経営企画に必要なスキルをどのように活用してきたのか、具体的なエピソードとともに説明しましょう。これまでに成功したプロジェクトや達成した目標を具体的に示すことも大切です。数値や事例を用いて、どのように企業に貢献したかを明確に伝えましょう。

応募先への強い興味や積極性を示す

応募先企業への強い興味や積極性を示すことも重要です。志望動機を作る際には、なぜその企業で経営企画を担当したいのか、企業のどの部分に魅力を感じているのかを具体的に伝えましょう。面接の際には積極的に質問をしたり、自分の意見を述べたりする姿勢を示すことも大切です。積極的な態度は、面接官に対して熱意とやる気を強く印象づけます。

経営企画に関する知識やスキルを磨き続ける

経営企画として活躍するためには、経営や戦略に関する最新の知識を常に学び続ける姿勢が重要です。セミナーへの参加や業界誌の購読などを通じて最新情報を常にキャッチアップしましょう。データ分析やマーケティングなど、経営企画に必要なスキルを継続的に向上させる努力を怠らないことも大切です。スキルアップのための資格取得も検討するとよいでしょう。

まとめ

経営企画は企業の経営戦略に直結する難しい業務を遂行する職種なので、幅広いスキルセットが求められ、人材要件が厳しいのが特徴です。そのため経営企画職への転職は優秀な方であっても簡単ではありません。経営企画に強い転職エージェントのサポートを受けながら、しっかり準備をしたうえで転職活動に挑みましょう。

経営企画の転職相談(無料)

BEETの非公開求人約4,000件

非公開求人を探す(無料)

転職成功事例

CASE

会計士としてのスキルを評価され、希望年収より300万円UPのオファーを獲得

監査法人から事業会社経理、更なるキャリアアップを希望されて転職

年 齢
30代後半 / 男性
年 収
800万円 → 1100万円

IPO準備企業から大手上場企業のメーカー経理へ

他社でなかなか決まらずだったが、担当アドバイザーの提案が深く刺さり内定獲得に

年 齢
30代半ば / 男性
年 収
700万円 → 760万円

人事・採用担当としての専門キャリアを歩む転職

管理部門の新着求人・面談確約というスピーディな対応が全てをプラスに

年 齢
30代前半 / 女性
年 収
400万円 → 420万円

法務として上場企業・年収アップを目指し転職

安心してスキルを積むことのできる環境に内定、幅広い経験を高く評価

年 齢
20代後半 / 女性
年 収
400万円 → 500万円

BEET-AGENTに相談する

NEW REGISTER

管理部門の転職・求人紹介ならBEET-AGENT

管理部門の転職・求人紹介ならBEET AGENT